装苑賞

今日は


久しぶりに母校、文化服装学院へ


ここは、新宿っぽいけど


実は、住所は、渋谷ね w


文化あるあるね


今日は、装苑賞の最終審査会でした。

装苑賞とは、

日本で一番歴史があるファッションコンテスト


ファッション界の芥川賞と言われる


新人デザイナーの登竜門です


詳しくは雑誌装苑で

もう何年めでしょうか


審査員をやらせていただいてます


自分自身、毎年、楽しみにしてるイベントのひとつで


いつも前夜から緊張です


今回は、非常に若さというのを感じました


ひとつひとつ作品を見て審査するのですが


若い


若いは、褒め言葉です


これは、うまく言葉で表現できませんが


このコロナ禍で自分に向き合い


自分の気持ちに本当に素直に


作品と向き合い作り込んでる候補者がほとんどで


本当に皆さん頑張って作られたのが


本当に伝わりました


ものづくりに対してのピュアな気持ち


若いエレルギーなようなもの

受賞者の結果、ほぼ僕が採点した順位でうれしかったです


表彰式後の審査員の講評で


まぁ、いつも通りですが、


順番


コシノジュンコ先生


津森千里先生


皆川明先生



もう、講評することないよね


前の三人で w


これは


その後のミハラヤスヒロ先生と同意見で


この後、話すことない、、、。


まぁ、そんなことで


その後、話したかったことを


受賞された、佳作2位の方が、


今回、すごくよかったと思います


それを言い忘れた


ただ、彼の作品については、個人的な審査で


最後まですごく悩みました


正直、自分自身いいのかわからなくなったからです


ただ、このおもしろいのか?おもしろくないのか?


悩ませるものが、新しい


今の若いデザイナーの発想や考え方なのだとおもい


自分の採点の3位の点数をつけました


新しいものには、賛否あるものですが、


この彼の作品は、


来年以降の装苑賞のあり方を変えると思います


今回の三作品は、


素晴らしい作品でした


これから頑張って欲しいです


今日は、刺激的な一日でした


僕も頑張ります


あ、あと毎年、前年の集合写真を頂くのが楽しみです

模様はこちらで





たかしま かずあき

2021.6.22



0コメント

  • 1000 / 1000

Kazuaki Takashima

This is not a cat.