アリバイ

え、


「なにこれ!」


と、


もちろん驚きの反応


「お、お、た、に???」


「大谷のサインボールじゃん!」と


一瞬、(体感で2秒だけ)


喜ぶ息子(しめしめ、予想通りだ w )


でも、すぐに現実に(さすが中学生 w)


「ん、え、これ誰が、机に置いたの?」


そこから犯人探し、スタート


時間帯やアリバイなどを考えながら(もはや刑事だ)


当然僕は、知らないふりをする


そこに余計なことに娘が、、、参戦(やばい、高校生来た)

「この、大谷の字は絶対にとっと(僕のこと)の字だよ」


さすが、高校生は、鋭いな〜と心の中で思いつつ


バレないように当然のことシラを切る w


「絶対違うし、こんなことなんのためにやるの?」(はい、嘘つきお父さん w)


言葉巧みに自分やってないことを説明、真剣にね


自分の身の潔白を熱弁(結構楽しめたのでこの時点で目標は達成かな)


「確かに、、、」


思いのほか、二人は納得、(素直でいい子たちだ w)


そこで今、お風呂に入ってる


母親が、怪しいという意見に三人で一致


犯人は、母


つづく





明日からオンラインショップで

みたいです。




たかしま かずあき

2021.8.19

0コメント

  • 1000 / 1000

Kazuaki Takashima

This is not a cat.